fc2ブログ

日食とムスメの謎の反応

0 0
Categoryマサチューセッツ西部生活
こんにちは〜。

今日アメリカは日食で盛り上がってました。

ここマサチューセッツも、80%くらい隠れるとのこと。

solareclipse2024.jpg


今日娘のプリスクールで子供たちみんなに日食観察用のメガネを配ってくれるらしいし、

日食が起こる時間はちょうど娘を迎えに行く時間とかぶってるから、子供たちと一緒に日食を観察できるじゃん〜♪

みんなでメガネかけて「わあ〜太陽が欠けてる〜!」なんて盛り上がる姿を一人想像してワクワクしていたのですが


そんな理想通りにいくわけないわな。


娘、全然興味持たず。


興味を持たないと言うより、怖がっていた(←若干意味不明)

太陽が怖い、とか言い出してメガネかけたくない、って言うから

「じゃあいいよ、お友達とプレイグラウンドで遊んでおいで」と送り出したのだけど

5分くらい経った頃、お友達二人に「メガネをかけて太陽を見てみなよ〜」とちょっとしつこく迫られて

泣きそうな顔をして私の方へ走って来た。

そして「もううちに帰る」と。


普段なら、プレイグラウンドで最後まで遊んでるタイプの娘が5分やそこらで帰りたいなんて、ほんっとーーに珍しいことなんです。


太陽を見なよ、と迫ったお友達もちょっと心配そうに近づいて来ました。

この子たちも、純粋に「見てごらんよ」と勧めていたと言うより、嫌がる娘にちょっかいを出していたという感じだったのでちょっと罪悪感があったのかも。


「ちょっと今日は調子が悪いみたいだから、また明日ね」

と言ってプレイグラウンドを後にしました。


娘を元気付けようと、ドーナツ屋さんに寄ってドーナツ買ったけどあまり効果がなく。

その道中もずっと太陽見たくない、と目をつぶってるし。


何度聞いても「太陽が怖い」という答えでして😅

もうよくわからんけど、日食観察は大失敗に終わりました(笑)


私は娘にバレないようにちょこちょこ見てました。

3時20分頃には80%くらい隠れていて、曇りの日のような明るさに。

逆に、ほんの20パーセントほどしか出ていない太陽でも、こんなに明るくしてくれるんだーーと太陽の力のすごさに感動すらしました。


こういうのを娘と一緒に楽しみたかったのに、娘は家に着いたらふて寝しちゃいました。

普段こんなことないんですよ。だから本当にわけわかんなくて。


満月が体やメンタルに影響を与えるのはよく聞くけど、

日食も何かしらの影響を与えたりするもんなのかしら?😅



ふて寝してたら本当に寝ちゃってみたいで、1時間弱、昼寝してました。

昼寝なんて本当に久しぶり。なんか色々疲れてたのかもしれないね。


今日はたまたま、夫を職場まで迎えに行くことになっていたので娘を起こして連れ行くと、

ようやく機嫌が直ってきました。(この頃には日食も終わってたしね)


夕飯の頃にはすっかりいつもの娘に戻ってました。

一体何だったんだ?



ちなみママ友たちによると他の子も日食には全然興味ナシだったらしい。

まあ幼稚園児じゃそんなもんかねえーー。

↓こんな感じが理想像だった(笑) (画像はお借りしました)
solareclipsewhatihoped2024.jpeg

子育ての理想と現実…。



次にアメリカで日食が見られるのは20年後だそうな。

娘は25歳。その頃にはさすがに興味を持ってくれるだろう。


そしてその時に、

「あんたが5歳の頃、太陽が怖いって言って頑なに見ようとしなかったのよ」

と教えてあげよ。



ちなみに日食は英語でsolar eclipse。皆既日食はTotal solar eclipse。

Total eclipseっていうとこの曲思い出しちゃう昭和生まれのアナタのためにこちらを貼っつけておきます。



昔gleeのレビュー書いてた時にこの曲についても書いたなあ…。こちらです(13年前の記事!)
JUGEMブログ時代の記事に貼り付けた動画、FC2に引っ越してきたら全部消えちゃったので今回わざわざ貼り直しました😅良かったら見てね。

ああ、懐かし。

というわけで、日食とムスメの謎の反応についてのお話でした。

アメリカ在住の皆さん、日食は見られましたか〜?


それでは今日はこの辺で!


ブログランキング参加中です。
↓よかったらクリックお願いします!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ボストン情報へ
↓こちらも↓




PVアクセスランキング にほんブログ村
アメリカ暮らしマサチューセッツ州西部アメリカで育児娘の成長記録日食
  • B!

0Comments

Add your comment